わさわざ(又はたまたま)当社ホームページにご来訪ありがとうございます。
その上に社長の挨拶のページまでのぞいていただき光栄です。
あなたの予想通り味気ないページですが、最後まで読んでいただければさいわいです。





1 当社について

当社は、科学機器・電子計測器・試験機・コンピュータなどの商社です。さらにシステム開発・特注品の設計製作・メンテナンス業務もサポートします。
 185名の社員は技術商社を目指して技術力の向上に努力しています。研究者・技術者であるユーザさまの期待と要求にお応えできる知識と技術で科学技術の発展、ひいては社会の発展に貢献できるよう望んでいます。




2 科学について  

 最近の若者にとって科学はあまり魅力的なものではないようです。鉄腕アトムの世代である私には科学は夢であり、あこがれでした。情報や感性やソフトがもてはやされる現在、産業(モノ作り)は重要視されません。モノ作りの基礎である科学技術もまた人気が低下してしまいました。残念なことです。
 科学と技術の発展は、環境破壊・新兵器・人間性の疎外・環境ホルモンなどを発生させました。科学技術の発展がもたらしたマイナス面は否定できません。しかし、科学技術によって我々が得たものの方がはるかに大きいのです。これらのマイナス面を克服するのも科学の力しかありません。戦後初めてのデフレ到来と騒がれている昨今ですが、金融政策や財政政策だけでは経済は発展できません。経済の基礎は産業です。産業の隆盛なくして持続的な経済の発展はありません。R&D、新技術、新製品、生産技術。産業をささえるこれらの科学技術。
 「科学や技術にもっと光(と金)を」
 「科学は楽しい、カッコイイものだ」
 私は、ここまで読んでくださった貴方に強く、科学をアピールします。日本の将来のため、そして我社の繁栄のためにも。
遠藤科学株式会社 取締役社長  遠 藤 一 秀